滄浪泉園

公開
都会のオアシス。深山の趣がそのままの庭園です。
ハロウィン2017を追加する

詳細情報

タイトル
滄浪泉園
作者
kurukuru---
ページ数
9ページ
表示数
498
作成日
2016-10-21 21:40:59
更新日
2016-11-15 16:13:13

コメント一覧

オススメボード

  • 山崎川の夜桜
  • 神戸の三ツ星レストラン
  • 青赤 2016
  • GWでもOK! 静波海岸ピクニック
  • 見とれる自然♡久住ガンジーファーム

ボード内テキスト

(※ボードに入力されている文字が閲覧できます)

  • 滄浪泉園(p1)
  • 滄浪泉園(p1)
  • 滄浪泉園は、明治大正期に三井銀行などの役員、外交員、衆議院議員などを歴任、 活躍した波多野承五郎により、武蔵野の特徴的な地形である「はけ」とその湧き水を 取り入れて整備された庭園を持つ別荘として利用されてきました。 昭和に入って、三井鉱山の役員であった川嶋氏の手に移り、茅葺の大きな家や 長屋門などが風雅なたたずまいを見せていました。 その後、マンション建設計画など、存在が危ぶまれたこともありますが、昭和52年に 緑地保全地区の指定・買収を受け、自然緑地として残していくことになりました。(p1)
全てのテキストを見る+
プレミアムサービス
公式ツイッター

お知らせ

このボードはアプリ専用ボードです。
下記より「boardアプリ」をダウンロード後、
ボード一覧のおすすめよりご覧ください。

閉じる