桜の樹の物語

公開
自作小説
『桜の樹の物語』
のオープニングをイメージしてみました。

元ネタは
私のブログから見てください。

詳細情報

タイトル
桜の樹の物語
作者
kim
ページ数
12ページ
表示数
216
作成日
2016-06-16 20:18:20
更新日
2016-06-26 03:18:17

作者

  • 他のボードを見る

コメント一覧

オススメボード

  • ラテくんの冒険
  • Winter Zoo
  • 母の日に♪おりがみでバラの花
  • hirokoさんのボード(2017/04/22)
  • 双翠(そうすい)さんのボード(2016/02/12)

ボード内テキスト

(※ボードに入力されている文字が閲覧できます)

  • 桜の樹の物語(p1)
  • 儚く咲いて 潔く散って また蕾をつけて ヒトビトを優しい気持ちにさせる桜を カノジョ いや、彼女の中に見たんだ。(p2)
  • 木々がざわめいている。 夜中から降りつづく花時の雨は、 ほころびはじめた桜の蕾と、 傘をもたずに路上に立ちつくす僕を冷たく叩く。 じっと風上を見つめた。東の空。 あぁ、そうか。 これは必死にこらえるカノジョの涙だ。 遠い街で独り歯噛みし、年に数回僕に逢うときだけ濡れた頬をさらけるんだ。 花時雨のようにときに激しく、春霖のようにときにしとしとと。 キズつかないでほしい、泣かないでほしいと心から願う。(p3)
全てのテキストを見る+

お知らせ

このボードはアプリ専用ボードです。
下記より「boardアプリ」をダウンロード後、
ボード一覧のおすすめよりご覧ください。

閉じる