宗像・海の民の誇り

公開
世界遺産登録を目指している福岡県宗像市の「神宿る島・宗像、沖ノ島と関連遺産群」。
その宗像にある宗像大社やお隣の海の道むなかた館などをご紹介します。私にとってのパワースポットです。
そして、海の民と呼ばれた宗像の人たちにとって語り継がれている伝承も…

詳細情報

タイトル
宗像・海の民の誇り
作者
ムスママ
ページ数
8ページ
表示数
185
作成日
2016-08-10 21:59:19
更新日
2016-08-28 01:23:16

コメント一覧

オススメボード

  • うさぎの「ひめちゃん」写真集
  • 好きな場所
  • 鶴ヶ島まちおこし委員会活動報告書〈2015年版〉
  • アルパカに会いに那須どうぶつ王国へ!
  • 地元東京のおすすめ観光スポット

ボード内テキスト

(※ボードに入力されている文字が閲覧できます)

  • 宗像・海の民の誇り(p1)
  • 私のまちには世界遺産登録を目指している場所があります。「神宿る島」宗像・沖ノ島と関連遺産群と呼ばれている場所です。このボードではそのさわりをご紹介できればいいなと思います。 ただ神様のいらっしゃる場所なので、写真では多くをお見せできません。是非、見に来てください(^^) (p1)
  • 宗像には3人の女神を信仰している神社があります。それぞれ沖ノ島・沖津宮にいらっしゃる田心姫神、筑前大島・中津宮にいらっしゃる湍津姫神、宗像市・辺津宮にいらっしゃる市杵島姫神です。 この写真は宗像大社・辺津宮です。宗像の人にとってとても神秘的な信仰の始まりの場所なのです。(p2)
全てのテキストを見る+
プレミアムサービス
公式ツイッター

お知らせ

このボードはアプリ専用ボードです。
下記より「boardアプリ」をダウンロード後、
ボード一覧のおすすめよりご覧ください。

閉じる