鹿の秘密

公開
奈良に行く前に知っておきたい鹿の秘密。奈良の人もあまり知らない奈良の鹿の独特の生態を写真を見ながら学びましょう。

詳細情報

タイトル
鹿の秘密
作者
takuchang
ページ数
30ページ
表示数
291
作成日
2016-07-25 15:17:39
更新日
2016-08-04 04:09:48

コメント一覧

(全2件)

オススメボード

  • 「大阪ほんわかテレビ」で紹介された京都「Japaneseまぜ麺MARUTA」!
    高画質
  • 【群馬県】草津温泉・湯畑&湯もみショー【草津町】
  • おでかけ記録 2015年
  • 成田空港(2016/04/21)
  • 春のベビー服コーデ♪

ボード内テキスト

(※ボードに入力されている文字が閲覧できます)

  • 知っておきたい奈良の鹿の秘密(p1)
  • 奈良公園には約1200頭の野生の鹿が住んでいます。 奈良公園の鹿は春日大社の神様武甕槌命が白鹿に乗って来られたことに由来し神の使いとして大切にされ、1300年の歴史とともに奈良の人々と深い関わりを持ってきました。(p1)
  • 神様の使いである鹿を殺したら死刑だった時代もあり、「鹿を殺せば石子詰め」という言葉があるくらいです。奈良公園周辺の古い町家には鹿戸と言われる扉や柵を見ることができます。よく見ると柵は角を落とした六角形で削げをよく落としてあります。これは鹿が自分の家の柵で傷つかないようにしているのです。かつて自分の家の前で鹿が死んでいたら三文支払わなければならなかったと言われています。だから人々は早起きして鹿の死体があったら他の家の前に移動させたと言われています。この話は「早起きは三文の徳」という言葉の由来になっています。(p2)
全てのテキストを見る+

お知らせ

このボードはアプリ専用ボードです。
下記より「boardアプリ」をダウンロード後、
ボード一覧のおすすめよりご覧ください。

閉じる