ピックアップ
...う~ん...。何が◯◯◯◯たのでしょう...。謎だ...。
キャンペーン
スマホアプリ配信中
iPhone/iPad用
AppStoreからダウンロード
Android用
GooglePlayで手に入れよう
※「iPhone」「App Store」「iTunes」は、米国およびその他の国々で登録されたApple Inc.の商標または登録商標です。

※「Android」「Google Play」は、Google Inc.の商標または登録商標です。

管理組合修繕奮闘記No,93

公開
作者 勝爺
ページ数 8
表示数 509
作成日 2016-09-19 15:19:59
更新日 2016-10-23 07:54:41

このボードをおススメする


最新コメント

(全0件)

ボード内テキスト

(※ボードに入力されている文字が閲覧できます)
全てのボード内テキストを見る
  • http://daikibo.jp.net/(p1)
  • 業者選定は従業員満足度も重視 「住民への配慮など教育が行き届いている」(p2)
  • 2011年東日本大震災時、外壁のいたるところにひび割れやコンクリートの亀裂が発生。当時の管理組合は3年後に2回目の大規模修繕工事を予定していたため、理事会が中心となり外壁などの調査やアンケートによるバルコニーの状態の確認等、地震による被害の情報収集を行いながら、部分的に応急処置対応を行った。 その後も外壁から漏水が発生し、ゴンドラを用いて部分補修を実施。こうした経過をもとに2014年10月、理事会の諮問機関として大規模修繕委員会を発足した。修繕委員会では1回目の大規模修繕工事で設計・監理を担当したBOSS建築コンサルタンツの助言を仰ぎながら、2回目の工事を目指し、改修設計業務委託の締結後、建物調査診断を実施した。 2p-0同年12月、2回目の大規模修繕工事は公募により施工業者12社の応募があり、設計コンサルタントが作成した応募会社一覧評価表をもとに、修繕委員会による評価内容を加えて一次選定を実施。12社から6社に絞った。 翌年2月、その6社から現地調査の上、見積もり依頼を行った結果、2社を選定。3月の設計コンサルタントによる住民説明会、4月の通常総会で「大規模修繕工事実施および修繕積立金取り崩し案」が承認された。(p2)

公式ツイッター

お知らせ

このボードは「boardアプリ」リリース記念のアプリ専用ボードです。
iOS/Androidのスマートフォンもしくはタブレット端末で下記QRコードを読み取り、開いたページよりアプリをダウンロードして下さい。
ダウンロード後、ボード一覧のおすすめよりご覧ください。

閉じる