鎖国時代から伝わる長崎のべっ甲自慢

公開
鎖国時代、唯一外国と貿易を行っていた長崎だからこそべっ甲の技術は発展しました。べっ甲が日本で栄えたのも長崎のおかげだと言っても過言ではありません。今回は長崎べっ甲工芸館を紹介させていただきます。住所は長崎市松が枝町4-33

詳細情報

タイトル
鎖国時代から伝わる長崎のべっ甲自慢
作者
マッチュ
ページ数
8ページ
表示数
788
作成日
2016-08-26 07:16:35
更新日
2016-09-14 01:35:43

コメント一覧

オススメボード

  • スイーツ♡
  • 我が家の小さな鉄道マニア
    高画質
  • シチリア島〜シラクサ、パレルモの旅〜
  • 中目黒のサロン・クローヴ
    高画質
  • 京都桜紀行

ボード内テキスト

(※ボードに入力されている文字が閲覧できます)

  • 鎖国時代から伝わる長崎のべっ甲自慢(p1)
  • 長崎べっ甲工芸館(p1)
  • 長崎県長崎市松が枝町(p1)
全てのテキストを見る+
プレミアムサービス
公式ツイッター

お知らせ

このボードはアプリ専用ボードです。
下記より「boardアプリ」をダウンロード後、
ボード一覧のおすすめよりご覧ください。

閉じる