サンチャゴの酒保記録 2

公開
美味しかった酒記録&酒保記録
ハロウィン2017を追加する

詳細情報

タイトル
サンチャゴの酒保記録 2
作者
サンチャゴ
ページ数
27ページ
表示数
719
作成日
2016-04-17 21:12:06
更新日
2016-10-28 23:57:27

コメント一覧

オススメボード

  • いおりくん(*‘ω‘ *)
  • 私、猫。
  • 猫と電動猫じゃらし
  • あるネコさんのさんぽ
  • フェレず

ボード内テキスト

(※ボードに入力されている文字が閲覧できます)

  • ≪ サンチャゴの酒保記録 2 ≫(p1)
  • ・呑んだ酒、美味かった酒 記録 ・アルコール度数的に好みは40~45度位いだが、 スコッチに手を出してからは香りや飲み方で 高い度数もいける。 高度数信者、高い酒=美味い酒信者では無い方、 お勧めの酒を教えて下さいね。 *(p1)
  • バーボンからスコッチに手を出し始めて、バーで好み の味を物色する際に自分の飲み方、好みの味や度数など を話していくうちに改めて飲み方がキチンとしていな かった事を知りました。 一番納得したのが、 「度数高い酒をからいと感じる、ノドが焼ける感じがイ ヤ。」と云う私の感じ方に対し、バーテンダー曰く 「43度の酒と50.5度の酒、 同じ飲み方をしていない だろうか?」 「度数の高い酒を低い酒と同じ量を口に含んだら、 それはノドが焼けるでしょう」と。 私にとってはは目からウロコ状態でした。 映画、小説、若い頃の飲み方、どれをとっても、度数 の高い(きつい)酒をショットグラスでグイッと一気に ノドに流し込む場面が多く、正しいと思っていた。 *(p2)
全てのテキストを見る+
プレミアムサービス
公式ツイッター

お知らせ

このボードはアプリ専用ボードです。
下記より「boardアプリ」をダウンロード後、
ボード一覧のおすすめよりご覧ください。

閉じる